地主の承諾を得る

借地権は売買可能なので、当然売却することもできます。借地権は売却することができますが、それには地主の承諾が必ず必要です。勝手に行動しては大きなトラブルのもとになってしまうので注意してください。売却することを考えたら、地主の意向を確かめましょう。自分の考えと地主との考えが合意するとは限りませんので、地主の意向をしっかり聞くことで売却についてもスムーズに進んでいきます。 地主の意向によっては、借地権を買い戻す場合や借地権を第三者に譲渡する行為を承諾してくれる場合もあり、次の借地人さんを迎え入れてそのまま引き続き借地経営を行っていく形など、さまざまな方法が借地権の売却では行うことができます。借地権の売却については、借地人と地主とが売却について十分話し合って双方が了解し合うことが一番良い形ですが、実際にはそれほど話がスムーズに進んでいかないケースがほとんどです。

例えば過去のいきさつで何かがあり、感情が複雑に絡み合っている場合などでは、売却に関してトラブルに発展してしまうケースがあります。 借地権の売却において特に注意することは、第三者に売却する場合です。

このときに依頼する場合には、借地権に詳しくない業者では処理しきれるものではないので、依頼に関しての見極めも重要です。地主側の言い分では、使わないなら借地を返して欲しいことや、このまま借地経営を続けたい。など、その土地への思いは人によってさまざまです。意向によっては、簡単に決まったりこじれてしまうこともありますので、話し合いは十分するようにしましょう。